外国人の恋人が羨ましいと思う人がいるのがは世界共通という話

こんにちわ。

日本人は、よく外国アコガレがあると言われます。

特にハリウッド映画などを見て抱く典型的な外国イメージなどが、

そういう印象を与えるのでしょう。

特に、ちょっと差別的で良くないけど、

北米や欧米や欧州の出身の恋人がいることに対して、

羨ましいと思ったりする人がいる人が存在することは事実です。

もちろん、人の好みって生理に根ざしたものなので、

そんなことを全く思わない人も多数だと思うんだけど、

僕も外国好きなんで、異国風な人に惹かれるみたいな感覚は良くわかります。

でも、ちなみにですけど、

そういう風に、外国人の恋人アコガレーをするのは、日本人だけではないです。

もっと言えば、人種も肌の色も関係ないです。

僕の知り合いが、フランス人の彼女を持ってる日本人の男友達がいるのですが、

僕とその男友達と、前にカナダ人の男友達と遊んだことがあります。

そのカナダ人の男友達は、完全な白人で今時の若者みたいな感じだったんですけど、

そのカナダ人の男友達が、僕の日本人友達に『彼女は外国人?どこの人?』と英語で聞いて、

日本人友達は『フランス人だよ』と答えたんですよ。

そうしたら、カナダ人の白人の男の子は、『Wow ~~ !! 』みたいな感じで驚いて、

なんか羨望の眼差しみたいなものを送ってたのを強く覚えています。

僕は、その光景を見たときに、

嗚呼、外国人憧れみたいな感覚は、別に日本人が外国に対してステレオタイプを抱くからじゃないんだなと痛感しました。

別に、日本人っていうか、島国の同族人種しかいないから、

物珍しいハリウッドに出てくる金髪白人の美男美女にアコガレーするみたいな、

そういう理由じゃないんだなっていう感じ。

どこの国に住む、どんな肌を色を持った、どんな人種の人でも、

同じなんだなっていう感じです。